「左馬」の本柘植遊印

「左馬」の本柘植遊印

販売価格: 1,350円(税別)

(税込価格: 1,485円)

在庫あり
数量:

商品詳細

遊楽印(ゆらいん)  

「左馬(ひだりうま)本柘植遊印

7.5ミリ角使用 1,350円(税別)

 


 

在庫表示について:常に「在庫あり」の表示がでますが、基本的には受注後に彫刻致します。

お届けまでお待たせすることがございます事、あらかじめご理解賜りましたら幸いです。

納期・送料などについてはこちら  もご確認下さい。

遊楽の印(2019.9より印材の仕様が変わりました。こちら  も併せてご確認下さい)

 


 

 「左馬(ひだりうま)」

 

商品名

 

使用印材

サイズ

 

印影サイズ

(縦×横)ミリ

左馬(ひだりうま)7.5ミリ角

 6強 × 6強

 

 午年の干支印ということで「午」の字でお作りしたのですが、

「馬」という字も捨てがたく、ずっと作りたかった左馬のひと文字で印をつくってみました。

 

ご存知のように、「左馬」( 「馬」 という字が左右反転した字。)というのは縁担ぎの字です。

その意味をざっと調べるだけでもいろいろ出てきます。

 

たとえば、

・「馬」の字が逆さに書かれていることから、「まう(舞う)」となり、

古来、舞いはめでたい席で催されることから、縁起の良い開運・招福を表現している

 

・馬は右側から乗ると躓くという習性を持っており、左から乗るもの。

そこから、左馬とは、長い人生躓くことなく歩いてゆくことができる。。。という意味。

また「右に出るものなし」という意味を込めて、自分の作る作品に書き込んだり彫りこんだりすることも。

 

・また馬は決して左に倒れないという性質もあるとか。

そこから、会社・家・店など「左に傾かない」という縁起が生まれた。

 

・前田利家が戦場に出る際、妻のまつが、陣羽織の内側に「左馬」の文字を小さく刺繍し、

武運を祈った(見事勝利した)との言い伝えもある

 

などなど。。。もっといろいろあるようですが、

総じて、家運隆盛、福徳開運、商売繁盛など縁起モノの代表格ともいえる左馬です。

 

工房 蓮の「左馬」遊印は小っちゃく控えめですので、^^

すみっこにちょこっと捺して、ひそかに善きことへの祈りを込めたいものです。

 工房蓮

商品仕様

ご注文確定後の作成となります ご注文確定後の彫刻となります