「鶴(鍬形蕙斎)」 エンボッサー

「鶴(鍬形蕙斎)」 エンボッサー

販売価格: 9,000円~12,000円(税別)

(税込価格: 9,720円~12,960円)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

セット内容 在庫
本体とダイホルダー
ダイホルダーのみ
セット内容:

販売価格: 9,000円~12,000円(税別)

(税込価格: 9,720円~12,960円)

数量:

商品詳細

工房 蓮 オリジナルエンボッサー  Embossing Seal   ESポケット  Shiny 製 

「鶴(鍬形蕙斎)」   <豆本 鍬形蕙斎「鳥獣略画式」(芸艸堂刊)より>

 

カートの仕様上、在庫は「たくさんある」状態で表示されますが、基本は受注生産です

在庫がない場合は、発送まで2週間ほど頂戴いたしますので、予めご了承くださいませ。

 

工房 のオリジナルエンボッサ―は、九甘堂オリジナルエンボッサ―と同じものです。

こちらもご参照くださいませ。

 
メーカー

 

Shiny Embossing Seal

 

本体の型

<既に本体をお持ちの方は、

ダイホルダーのみお求め下さい>

 

ESポケット  手にエンボッサ―と紙を持ってエンボスします。

*卓上タイプではありません。

 <Shainy エンボッサ―は2013年夏にモデルチェンジがありました。

モデルチェンジ前の本体には装着できませんのでご注意下さい>

 

ダイホルダー

 

正方形 

EM-8   38ミリ×38ミリ

 

ダイホルダー基本の差込方向

<基本の差込方向以外のダイホルダーをご希望の場合、

作成から発送まで3週間以上かかる場合がございます>

 

上向き : 紙の下から差し込むタイプ

 

適する紙

 

◆半紙程度の厚さ:

  強くエンボスすると破れが生じる場合がありますが、

  手加減できれいにエンボスできます。

  美しい細い線がくっきりお楽しみいただけます。

  どうしてもうまくゆかない場合は、

  ティッシュを一枚挟むときれいに仕上がります。

 

◆コピー用紙程度の厚さ:きれいにエンボスできます

 

◆日本郵便の葉書程度の厚さ:

  きれいにエンボスできますが、

  半紙程度の紙と比較すると少し薄い仕上がりになります。

 

◆和紙葉書程度の厚さ:少しぼんやりしますので、力強くエンボスしてください。

 

エンボス位置

 

本体をいっぱいに差し込んで、紙の端から約20ミリ弱です。

<中央鶴の足元までが20ミリ弱>

 

在庫表示と納期

 

カートの仕様上、常にたくさんある状態になっておりますが、

基本、受注生産で承っております。

在庫がない場合は、発送までに2週間程頂戴しております。

 

 送料

 

<本体とダイホルダー>をセットでお求めの場合 : 送料サービス

<ダイホルダーのみ>をお求めの場合 : 送料500円(手渡し郵便にて発送)

◆ 尚、ご注文総額10,000円(税別)以上で送料サービスです。

 

今一度ご確認下さい! 

◆本体のみの販売は致しておりません。

◆Shainy エンボッサ―は2013年夏にモデルチェンジがありました。

モデルチェンジ前の本体には装着できません。 

 ↓ モデルチェンジ前の本体です

◆Shiny製のESポケット以外の型の本体にも装着可能ですが、

EH(Heavy Duty Seals)型には装着できませんのでご注意ください。 

 

  

◆◆◆◇◆◆◆◇

 

日本画的な「何か」でエンボッサーを作りたく。。。かねてよりいろいろ考えておりました。。。

やっと。。。^^ お披露目出来て嬉しい限りです。

細い線がとても美しい鶴(鍬形蕙斎)のエンボスをお楽しみください。

 

以下、鶴を描いた作者の鍬形蕙斎(くわがたけいさい)さんについて上記豆本より抜粋。

 

「形によらず精神を写す

形をたくまず略せるを以て略画式と題す」

 

作者の鍬形蕙斎(明和元年〜文政七年<1764〜1824>)は江戸の畳職人の子として生まれました。

浮世絵師の北尾重政に入門、北尾政美の名で黄表紙(当時の挿絵入り文芸雑誌)挿絵を精力的に手がけます。

31歳で津山藩松平家のお抱絵師となり蕙斎と改号。狩野惟信に入門し、紹真と名乗り鍬形と改姓します。

絵手本「略画式」が大評判となり鳥獣や山水など様々な略画式が刊行されました。

 

だそうです。^^

既に本柘遊印「猫(鍬形蕙斎)」  でも登場してもらっていますが、

鍬形蕙斎さんの描く動物は、妙に愛らしくユーモラスです。^^

 

 

 

ラッピングペーパーはもちろん、封筒や便箋、年賀状、ぽち袋、文香、箸袋や懐紙。。。

さまざまなもので楽しんでいただける道具です。

 

本体はハンディな持ち運びもできるサイズですので、気軽にお使いいただけまが、

たくさんエンボスする時など机上で安定させて使いたい場合には、

こんな商品もございます。^^

 

 

■□□■□ダイホルダーの装着方法です。■□

「鶴(鍬形蕙斎)」のダイホルダーは正方形です。

下記画像のダイホルダーは丸ですので形が違いますが、

装着方法などは同じですので、ご参考までに。。。^^

 これがダイホルダーを下(裏側)から見た画像。穴の数が旧タイプとは違います。

本体には突起に、ダイホルダーの穴をきちんと合うよう差し込みます。。。

差し込むときに穴と突起をきちんと合わせてください。

あわせるのは、 幅の狭い方の穴(先端の穴) です。

  ???なことがございましたら、どうぞ、お気軽に、いつでも!お問い合わせくださいませ!

 

他の写真