「二十四節気 霜降」の本柘植遊印

「二十四節気 霜降」の本柘植遊印

販売価格: 1,600円(税別)

(税込: 1,760円)

在庫あり
数量:

商品詳細

   遊楽印(ゆらいん)  

「二十四節気 霜降(そうこう)本柘植遊印

 つゆが陰気に結ばれて、霜となりて降るゆえなり。

 

7.5ミリ角使用 1,760円(税込)

 


 

在庫表示について:常に「在庫あり」の表示がでている商品も基本的には受注後に彫刻致します

お届けまでお待たせすることがございます事、あらかじめご理解賜りましたら幸いです。

納期・送料などについてはこちら  もご確認下さい。

遊楽の印(2019.9より印材の仕様が変わりました。こちら  も併せてご確認下さい)

 


 

二十四節気 秋の六番目(最後)の節気です。

2022年は10月23日〜11月6日(旧暦9月28日〜10月13日)

秋も末で、霜が降りる頃という意味から霜降という。

紅葉が始まり、

冷たい雨に、冬の到来も感じる頃。

 

最近は。。。このあたりで早朝霜を見かけるという事もあまり無いように思いますが。。。

こどものころは。。。田舎の親せきの家に遊びに行った時など、

道端の土の上に白く霜がはっているのを見た記憶がはっきりあります。

 

日暮れが早くなり。。。夕刻の黄金色の木漏れ日が美しい晩秋の頃。

 

「霜降」遊印は、うっすらと霜がはった土の上を歩く時の音をイメージしてつくってみました。

 

 

 

使用印材

サイズ

 

印影サイズ

約(ミリ)

 タテ×ヨコ

印影

価格

(税込)

朱枠

7.5ミリ角

 6.0×7.0

1,760円

 参考文献:現代こよみ読み解き事典(柏書房)

 

商品仕様

ご注文確定後の作成となります ご注文確定後の彫刻となります