包む(折形・袋モノなど)  2020.9.26更新 [2022年秋 新作本柘植遊印]

本柘植遊印やエンボッサー、和紙を使って遊びます。

ここでは、モノを「包む」ことのいろいろをご提案いたします。 


 

「ラッピング」と言い換えてもよいかもしれません。

自分の中では「ラッピング」になんとなく抵抗感がございますが。^^;

 

手製の金封やお手紙セットなどを誰かに贈りたいとき。。。

さっと紙で包んでお渡しできるといいなぁと思いますし、

工房 蓮でご提供いたしております商品を贈り物として御遣い頂ける際の「包装」という事もございます。

 

大きさやカタチが違う様々なモノを紙で包む。

ということに挑戦しています。^^

 

その一端を。。。^^ ご覧ください。 

 


 


   

文香を包む

 遊印を包む

  

 

 箱を包む

 


 

最後に和紙封緘紙を。^^

以前「遊楽の印」をお取扱頂いておりました兵庫県西宮市の「銀屋」さんのオリジナル商品ですが、

オーナーさんのご許可を戴き!真似させて頂いております。(感謝です!)

封筒や便箋の緘としてはもちろんですが、

パッケージの最後の留めにも。^^

手漉き和紙を手ちぎりし、一枚一枚色を塗って仕上げています。毎度どんな色になるのか?自分でもわかりませんが、とっても楽しい!!^^

 

ご連戴きありがとうございます。^^

工房蓮 藤井あき乃

0